本文へ移動

事前に考えた方がいいこと

費用のこと、準備のこと、流れのこと、あなた様が思っている心配事など事前のご相談で解決する事ができます。
葬儀社はどこも同じではありません。各社個性があり方針、設定料金、対応など全く異なります。
重要なのはあなた様にとって【合う】かどうか。事前に相談を行うと葬儀社の対応や方針がよくわかります。
 
相談に行く前にある程度考えてみましょう
 
①会食まで招待する人数と日程等お知らせする範囲
②菩提寺、墓地の場所とお寺に関する費用
③葬儀に関する費用
④会食に関する内容
⑤大切な方が話していたこと
 
「全く想像ができない」と言う方は考え方や事例などからご案内していますが、ある程度家族間、親族間で相談してから事前のご相談を行うとより具体的にイメージがつきやすくなります。
 
①会食まで招待する人数と葬儀日程等をお知らせする範囲
□会食(忌明、お斎)まで招待する方
子や孫で行うのか、叔父叔母(伯父伯母)までで行うのか、従兄弟、友人知人まで、当地に居る近い親戚までで行う・・・など、可能であれば家族間、親族間である程度相談しておきましょう。
 
□亡くなった事をすぐに報告する方
大切な方が特に仲が良かった人や近い親族など。お亡くなりになる時間帯は日中とは限りませんので夜間や早朝の場合は翌日連絡するなど慎重に判断しましょう。
 
□葬儀日程が確定してから亡くなった事を報告する方
会食(忌明、お斎)まで招待するわけでは無いけど、付き合いがあったため連絡をしておく方。
 
□葬儀が終わった事を報告する方
遠縁の方など。電話やはがきでお知らせします。
 
など連絡先を目的別にわけてメモ帳でも結構ですのでリストアップして置くといざと言う時慌てずにすみます。
特に会食まで招待する方のリストアップはとても重要です。
お葬式は本当に多様化の時代です。
家族だけで行いたい、ごく近い親族だけで行いたいなどご要望がある場合予め親戚筋にその旨を相談しておきましょう。
 
 
②菩提寺、墓地の場所とお寺(宗教者)に関する費用
菩提寺があるのに別のお寺や宗教で行う事はできません。自分の家のお寺やお墓がどこなのか確認しておきましょう。
継いでいる墓や仏壇がなく初めて行う場合はどこに依頼したいのか考えましょう。
 
費用について合わせて考える事が必要です。同じ宗派であってもお寺ごとに準備する内容が異なってきます。
前の方(ご先祖)に合わせた方法で行うにはどのくらい必要なのか、当時とは事情が違うからどのくらいでお願いしたいのか(できるのか)、家族間、親族間で相談もしくはお寺(宗教者)へ直接聞いてみましょう。
 
現実的に現金が早急に必要になります。すぐ準備ができるようにしておく事が大切です。
③葬儀に関する内容、費用
葬儀の内容や費用を考える際、始めに申し上げておきたいことはお寺の費用を考えてから葬儀の費用を考えると言う事です。
次に申し上げておきたいことは費用の捻出が難しいからと言って「とにかく安ければいい」「何もなくていい」などお葬式をあきらめて欲しくないと言う事です。
 
大切な方と小さい頃に一緒に遊んだ思い出や一緒に出掛けた思い出などを大切にして、ご家族様ができる範囲で精一杯気持ちを尽くして行えばいいと言う考えをもって私たちは皆様と向き合っています。
だから当社では高価格帯へ誘導するセールスや契約を迫る事は絶対になく、料金や内容の違いを示すだけで説明を終了します。決定するのはご家族様です。どうか気持ちを楽にしてお考えください。
(お話しの内容と希望される行い方がかけ離れている場合は本当にその行い方でいいのか何度か確認させていただく事があります。)
 
 
葬儀の費用は
 
□祭壇や葬具、写真などの費用
□霊柩車、搬送車の費用
□お棺や納棺などの費用
□花や盛物の費用
□お返しなどの費用
□式場使用料、光熱費、宿泊費
□看板や礼状など印刷費
□担当者の人件費や運営管理保全費
 
など多岐にわたり普段関わる事が無いからこそわかりにくく複雑な内容になってしまいます。
私たちはわかりにくいものをわかりやすくするために、主流のカタチで整えていく場合必要になる物品・サービスを予め含みパック料金制にしています。
私たちが想定している主流のカタチは
【日中に釜石市内、大槌町内のご搬送でホールに安置し3日目の出棺で返礼品ご予算5万円分】を全て含んでいおり内容に変更がなければ追加料金はありません。
当社は市場を調査し料金を常に精査しており、同規模同グレード同数量最安値を実現しています。
比較検討の際は返礼品やホール使用料、納棺処置や冷却処置(ドライアイス)、返礼品ご予算、祭壇装飾、お棺や仏衣の質までお考えになり行ってください。
 
別途必要になってくる費用は、宗旨や地域性でお供えする団子や供物、宗旨で異なる白木用品でこれら以外全て含んでいます。
実費費用はお寺の費用、忌明に関する費用、飲食費、行政へ支払う火葬代のみです。実費費用とはご家族様が当社ではなく直接お支払いただく費用ですが、飲食費や忌明に関する費用はお立替も可能です。
 
補足:同規模同グレード同数量最安値を宣言できる理由
私どもはB級品(一部難ありのお棺や仏衣)を使用していません。ご家族様に関する部分に関して揃えている備品、調度品は安価な物品は一切使用していません。
 
それでも最安値を宣言できるのは
 
〇メーカー、もしくはメーカーが発注している工場と直取引、支払サイクルの短期化や現金仕入れなど工夫のほかに、品質と見積合わせを行い当社の厳しい条件で取引してくれる業者を選定。
〇物品の定期便配送などを利用し配送費削減など仕入れを抑制。
〇納棺処置の高い技術や霊柩車などの車両を自社で保有し外注費を削減。
〇主流の家族葬に特化した式場の作りをすることで、土地や建物投資、関係する維持費を削減。
 
削減した内容を葬儀料金に反映しているため最安値が可能になります。
 
ホールや備品など投資をした分料金に上乗せする、徐々に価格を改定する方法は安易で行いやすいのですが、私たちはこれからの社会環境ではすでに葬儀費用の捻出すら厳しい状況にある方が少なくない状態だと思っています。(私たちが逆の立場だったらまず費用の捻出を心配してしまうからです。)
 
だから行いやすい料金設定には非常に強い拘りを持っています。
 
④会食(お斎、忌明)に関する費用
葬儀後の会食(忌明、お斎)は引き物や料理、飲み物など全て含め15000円前後~20000円前後のご予算で設定するのが主流です。
しかし近年は多様化の時代もあり、お膳では無く弁当形式で行う、会費制で行うなど様々です。
招待される方は何も言われなければ一般的な会食を想像して香典を準備してくる方がほとんどです。(香典1万会食2万で3万円、香典3万円会食2万円で5万円など)
皆がそうではありませんが、一般的な会食を想像し準備してきたにも関わらず見合わない内容であれば快く思わない方も出てきます。
それらの問題をできるだけ軽減するために、一般的な方法で行うのか、会費制にして会費に見合うように設定して行うのかなど具体的に考え、一般的な方法で行わない場合はその旨を招待する方へ事前に周知しておくことが必要です。(会食の内容を踏まえ、いただいた香典が多いと思われる場合は後返しで御礼する方法があります。)
 
>????????????????????????
⑤大切な方が話していたことなど
大切な方が自分の葬儀について話していたこと、ご家族様のご要望。
 
例えば
〇〇の写真を一緒に持たせてほしい。
〇〇にしまってある服を着せてほしい。
霊柩車で〇〇を通ってほしい。
など。
 
送られる側は「迷惑をかけたくない」と「簡単にしてくれればいい」とおっしゃいますが送る側は「きちんと送りたい」と思うもの。
ご葬儀は送られる側の思いだけではなく送る側の思いも重要です。
大切な方のために気持ちを尽くして行える理想の環境を整えていくために些細な事でもお聞かせください。
ご葬儀は、宗教者、我々葬儀社、行政(火葬場)、料理業者、生花店、供物業者、車両係など様々なプロが関わってそれぞれの立場で皆様に向き合っています。
全てが実現可能とは言い切れませんが、ご要望をできるだけ反映するために私たちは様々なことを調整し実現が可能かどうか、不可能ならば代替えの案をご提案させていただきます。
 
ハウスセレモニー株式会社
釜石店・釜石式場
〒026-0021
岩手県釜石市只越町3-4-2
電話0193-55-5115/ファックス0193-55-5119

大槌店・大槌式場
〒028-1117
岩手県上閉伊郡大槌町末広町11-7
電話0193-27-9904/ファックス0193-27-9905

仏壇仏具店
〒026-0021
岩手県釜石市只越町1-1-1
電話0193-27-5988/ファックス0193-27-5989

生花部
〒028-1132
岩手県上閉伊郡大槌町大ヶ口1-20-22
電話0193-55-6567/ファックス0193-55-6568
TOPへ戻る