よくあるご質問

◆家族葬について

Q、そもそも「家族葬」ってなんですか?

A、「家族だけで行う」から家族葬と言うわけではありません。実は家族葬と言う言葉に定義はありません。一般的には「こじんまりとした葬儀」を家族葬と呼んでいるようですが、私たちは「故人様を中心に家族が主体となりその要望や想いが反映されて行われる葬儀本来のあるべき行い方」を家族葬と定義付けています。よって5人でも50人でも「家族葬」と言います。

Q、家族だけで行いたいのですが・・・

A、家族だけで行った事例もたくさんあります。家族だけで行う場合はそれはそれで大きなメリットがありますが、逆の事もあります。デメリットを十分に理解していただきご判断ください。詳しくは事前相談や打ち合わせで直接ご案内させていただいております。

Q、「密葬」と「家族葬」の違いはなんですか?

A、「家族葬」については上記をご参照ください。密葬とは後の本葬を前提とした式の事を言う事もありますが、「公にせず行われる葬儀」のことです。一般的には「誰にも知らせないで行う葬儀」と理解されています。あまり拘らず一般的な理解の通りでいいのではないかと思います。

◆サービスについて

Q、身内が亡くなったらまず何をすればいいのですか?

A、まず昼夜を問わず弊社へご一報ください。(24時間受付0193-55-5115)こちらから基本的な項目(お名前等)を確認させていただきます。確認は1分から2分で済みます。確認後お迎えにあがりますので到着をお待ちください。

Q、その次に何をすればいいですか?

A、ご葬儀については安置後に日程等を含めて詳しい打ち合わせを行います。弊社では危篤状態から寝ずに付き添われたご家族様の負担を察し、打ち合わせが短時間で行えるよう葬儀に必要なものを全て含んだ「総額プラン」でご提案させていただいております。弊社のパンフレットは内容が一目でわかるように作っておりますので「結局いくら?」と言う疑問に速やかに対応できるようになりました。葬儀内容の打ち合わせは早い方だと10分程度で終わります。

Q、用意しておくものはありますか?

A、①遺影としてお作りする写真をご用意ください。作成はこちらで行います。②現金、認印をご用意ください。お布施や火葬費用は現金でお支払いただく事になり手続きに認印が必要となります。③お斉(忌明、会食)へ招待する方の連絡先をリストアップしておくと安心です。連絡がスムーズに行え連絡漏れが防げます。

Q、遠方で亡くなったのですが搬送はお願いできますか?

A、問題無く対応できます。

Q、仏教では無いのですが対応できますか?

A、仏式のほかにキリスト式、神式、友人葬の準備はいつでもございますし、新宗教なども対応させていただきます。

Q、営業エリアはどのあたりまでできますか?

A、釜石市と大槌町が通常対応しているエリアです。他の地域につきましてはご相談させてください。

Q、自宅に連れて帰りたいのですか・・・

A、自宅でのご葬儀は勿論、ご自宅への一時安置対応もさせていただいております。

◆費用・プランについて

Q、いくらくらいかかるのでしょうか?

A、葬儀費用(飲食、宗教者費用含)の全国平均はおよそ199万円(2010年日本消費者協会調べ)で、そのうち葬儀社への支払平均はおよそ122万円(会葬品除)弊社ではお葬式までに必要なものを会葬品や使用料までも全て含み良心的な価格帯で総額プランを中心にご案内させていただいておりますのでご確認くださいませ。

Q、平均と比べても随分安いようですがなぜですか?実際必要なものもオプションになっていたりしませんか?

A、弊社は価格調査を十分行い、市内で「お葬式はいくらくらいが理想ですか?」と言う質問で無作為に抽出したアンケートを基に価格設定を行いました。弊社は小規模な会社ですが、メーカー直、工場直で仕入れを実現しています。大きな固定費がかかる自社式場や霊柩車などの車両は相見積等を行い比較的低投資で行っています。よって葬儀費用に投資分をあまり反映せずに済んでいますのでこの価格で提供する事が出来ます。またよく見られる「後で追加方式」ではなく「葬儀総額」で行っていますので詳しくはプランのページをご確認いただければと思います。

Q、費用が無くてどうしたらいいのか・・・。

A、低額葬支援プランをご活用ください。13万9千円からとご案内しておりますが幾分削減する事も可能です。予算で出来る事を一緒に考えましょう。

Q、プランはどういうものが含まれているのですか?

A、会葬品5万円分、ホール使用料60時間迄含んでおり内容に変更が無ければ追加費用は発生しません。(低額葬は別途)プランの想定より増えた場合のみ追加費用が発生します。詳しくはhttp://house-ceremony.com/plan/「費用が追加になる可能性」をご参照ください。

Q、プランでは会葬品・礼状5万円分とありますが追加は出来ますか?

A、打ち合わせの段階でご確認させていただきますので初めに予想される数量を多めにお申し付けください。会葬品につきましては返品が出来ます。

Q、棺や着物を変更できますか?

A、プランには業界の一般的な使用を含んでおります。よりよくしたい場合は別途打ち合わせの段階でご案内させていただきます。

 

◆イノリオリビングについて

Q、なぜ貸切なのですか?

A、悲しみに向き合い大切な時間をご家族が誰にも気兼ねなくお過ごしいただける事を願い1棟貸切で行う事にしました。見知らぬ人の出入りもなく共有スペースもありませんのでご自宅と同じような感覚でお過ごしいただけます。

Q、貸切と言う事は利用している方が先にいる場合どうなりますか?

A、先の利用者様が優先となりますのでホールが空くまで自宅でお待ちいただくか、可能であれば霊安室等でお待ちいただく、若しくは弊社の安置所(付き添い不可)でご遺体を預からせていただく、大槌式場、釜石式場を併用する、それでも重なってご依頼がある場合があり、その場合にはお話しを伺って他社様をご案内させていただいております。

Q、ホールは何名くらい入れますか?

A、釜石式場、大槌式場とも現代の葬儀事情にちょうどいい30名規模を想定しています。30名様を超える場合であってもある程度対応可能です。

Q、泊まる事は出来ますか?

A、親族数名分仮眠や休憩が可能です。(弊社に限らず大半のこういった施設は宿泊施設として許可を得ておりませんので仮宿泊として対応しています。)

Q、駐車場はありますか?

A、ホール前、事務所脇(ホール迎え)と合わせて10台ほど用意しております。大槌式場も同程度準備しております。

Q、食事など作れますか?持ち込みは可能ですか?手配もできますか?

A、備品はそろっておりますので如何様にも対応させていただけます。大槌式場は自炊の習慣があるため広いダイニングキッチンを完備しています。食べ物等の管理は自己責任でお願いします。

Q、弔問者が多くなりそうなのですが・・・

A、「弔問」であれば人の出入りが多くなるだけで同時に座る方が増えるわけではありません。問題ありませんが見学をしていただいてご判断ください。

Q、スタッフがいないときに津波注意報等が発令された場合はどうしたらいいですか?

A、すぐそばに避難所がありますので速やかに避難をしてください。自然災害の責任は当方で追いかねますのでご自身でご判断をお願いいたします。

 

 

エンディングノートの活用をオススメします

エンディングノートの利用はみんなが助かります

エンディングノートはご自分の人生を整理するノートです。欲しい方は無料で差し上げますのでご連絡ください。ご葬儀の希望や戒名の希望、連絡して欲しい人などを記しておけば、葬儀を出してくれる人は迷いが少なく希望にできるだけ沿って行ってくれます。エンディングノートには法的な効力は一切ありませんが遺志として尊重されるものです。法的に財産等を記すのは法律家のアドバイスの元きっちりした書式で作る遺言がオススメです。

よくある失敗:葬儀トラブル

費用の削減を追いすぎた

一番安くできそうな所を探して頼んだものの、担当者は中々こなくて「忙しい」と言われた。施設は汚れている、横柄な態度・・。そんな事も少なくありません。

安いと思って頼んだのに・・

「一式○○万円」「セット○○万円」と言う価格を目にしていて、「追加があっても少しだろう」と思っていたら、次々オプションが発生して結局は高額な請求が来て驚いた。

相談事例のご紹介

相談事例A相談事例B相談事例C相談事例D相談事例E

誠心誠意、親身になってお応え致します

想いを大切にするハウスセレモニーだからこそ出来ること。熱量を持った対応にしか出来ない事があります。決して強引な営業は致しません。お気軽にご相談ください。

お問合せ
葬儀相談窓口
無料資料請求
お急ぎの方はコチラ