ハウスセレモニーな理由

なぜハウスセレモニーなのか

このたびはアクセスいただきましてありがとうございます。

あなたがここに辿りついたと言う事はきっと愛する人に関して重大な決断を迫られているとても辛い状況であるとお察しいたします。

そこで、私どもハウスセレモニーからお願いがございます。

おそらく皆様が葬儀社を探し情報を集め、葬儀を依頼すると言う事は一生に何度もございません。だからこそ皆様が相性の合う葬儀社を選び、自分達の納得のいく後悔の無いお葬式をする事が大切な方のため、そして残された人が生きて行くために少なからず影響します。
ですから葬儀社を選ぶ際、「近くにあるから」「前もそこでやったから」「昔からあるから」「家から近いから」「会員になっているから」と言う安易な理由で選ばずに、出来れば実際にその担当者と会って今の自分の状況を相談してみてください。費用や立地、施設やサービスも大切ですが、あなた様に「合うかどうか」も大切なポイントです。

私たちはご家族様の想いと心に注目して、要望を反映するために日々勉強しています。あなたのお役に徹底して立つ事で報われる日が必ず来る事を固く信じ、どなた様であっても公平に手を抜かず出し尽くし、社会に必要な存在になる事を目指しています。

一番大切にしたいのは、愛する人の人生を分かち合う時間

目に見えない想いと祈りを大切に。目で感じて姿を確認できる大切な方と一緒に過ごす最期の時間。そこから気づいた何かを、最期に大切な方がプレゼントしてくれる最高のお守りとして受け取れるように。

ハウスセレモニーの使命は、「いいお葬式だったね」とずっと思ってもらえるようなサービスを提供しあなたのお役に立つ事です。
どうかご葬儀を考える場合、心と想いに注目した顧客本位のサービスを本気で考えている葬儀社が生まれた事を思い出してください。そして葬儀社を比較検討する1社にハウスセレモニーを選んでいただけると幸いです。

あなたにお伝えしたい事はたくさんあります。まずは弊社の雰囲気を感じていただくためにも気持ちを楽にしてあなたの想いをお聞かせください。事前にご相談する事で後悔しないお葬式に一歩近づく事ができます。

私たちの考える家族葬

・故人様を中心に、ご家族と親戚や親しい人で送る優しい時間
・ご家族の目に見えない想いを反映したご葬儀
・不透明感を無くしたクリアでわかりやすい料金

私たちの考える家族葬とは、故人様を中心にご家族と親戚や親しい方達とあたたかくお別れの時間を共有し、大切な方の人生を存分に分かち合う事ができること。残された人はその大切な時間の中で故人様が最後に教えてくれる何かに気づく。その気づきは癒しにも繋がり、これから生きていく中でとっても強い最高のお守りになってくれます。目に見えないものこそが本質であり大切にする事をお約束します。

私たちについて

私たちは2012年4月より創業している一番新しい葬儀の会社です。心と想いに注目した寄り添いと労わりをコンセプトに今ではおよそ釜石市で行われるお葬式の9人に1人のご葬儀をお世話させていただくまでになり、皆様のお役に立てるようになりました。

低額葬、福祉葬を支援すると言う事

私たちの提案する家族葬39万円代~72万円代の5つのプランは、同規模で比較してみた場合結局は地域で一番安価な設定です。
しかし、そうは言っても費用の事でお悩みを抱える方は少なくありません。
私たちは低額葬、福祉葬を支援する専門のプランも用意しておりすでに多くの方にご利用いただいております。
人が亡くなったと言う事実を感じる残された方の重みや辛さはどなた様であっても同じだと考えているからです。
だからこそ、何らかの理由があって費用の問題で苦しむ方を支える事が、葬儀社としての社会的な役割であると認識しています。どのようなご葬儀であっても弊社の方針やサービスは変わりません。
※参考:今までのご請求実績は11万円代~300万円代となっております。

グリーフケア葬儀‐魂を抱きしめてもらえるように―

人生において、最も辛く衝撃的な出来事は大切な方との永遠の別れ。感じる心の苦しみは、片腕をもぎとられたような衝撃だとも言われています。

誰も経験する事になる悲嘆は正常な心の反応でありその状態は様々。その辛い心を労わり寄り添ってサポートさせていただくことをグリーフケアと言います。
私たちは書籍やセミナー、情報交換などでグリーフケアについて勉強しています。しかし私たちはサポートして差し上げる事しかできません。いくら理解しようとしても、やはり大切な方とのお別れの悲しみの深さは当人にしかわからない事だからです。

では、私たちにできる事は一体どのような事があるでしょうか。
・空気を邪魔をしません。
・余計な事に気をとられずに悲しみに向き合える環境を整えます。

涙は心のスイッチと言われています。涙を我慢せずに、涙が出なくなるまで流してみる。そうすれば涙が下にこぼれた分、心は少しずつ上を向いて行くことができます。

大切な方を亡くした時、なんとも言えない喪失感に襲われ「自分がおかしくなったんじゃないか?」と不安になり、「何もする気力がない」と引きこもるなど身体的、精神的な変化に多くの方がとまどいを覚えますがそれらはとても自然な事です。

私たちはご家族の味方になって事前から事後まで寄り添いを続けさせていただいております。

最後に…

最後までお読みいただきましてありがとうございました。一つだけ皆様にお願いがございます。葬儀を考えた場合、暴利を嫌い本気で顧客本位を考えている葬儀社が生まれた事を思い出してください。できれば葬儀社を比較検討する際、その1社に弊社をいれてくださると幸いです。

【ハウスセレモニー株式会社 代表 佐々木芳治】

誠心誠意、親身になってお応え致します

想いを大切にするハウスセレモニーだからこそ出来ること。熱量を持った対応にしか出来ない事があります。決して強引な営業は致しません。お気軽にご相談ください。

お問合せ
葬儀相談窓口
無料資料請求
お急ぎの方はコチラ